栄養レターVol.5

★徳野管理栄養士の栄養レター第5弾★

原発などの影響で、食の安全が叫ばれている昨今、DBAでは月に1度、徳野管理栄養士の栄養レターをお渡ししています。

最近では、個別に徳野先生へ質問される保護者の方も増え、DBAの「技術指導以外も塾生の為になにができるか」という理念に近づきつつあります。その一環として個別の栄養指導やカロリー計算(別途500円)なども実施し、側面からも塾生を応援しています。

今回は4月に保護者の皆さんにお渡ししたレターの一部を掲載します。

平成23年4月11日

Dave Baseball Academy 

栄養レター

 

今月は、とても大切な言葉を3月末に開かれた合同練習の折、元読売ジャイアンツ橋本清投手(大阪出身、身長188㎝ 体重90kg)より頂きました。

元PL~読売ジャイアンツ!橋本清投手より一言

食べる力をもつこともプロへの第一歩

 この橋本清投手の言葉は、とても大切な言葉です。

食べる力は、同時に生きる力 でもあるのです。

 橋本清投手は、なんと小学校卒業時には、身長が180㎝近くあったそうです。体重もしっかりあり、修学旅行では教員と間違われるほどだったそうです。その基本が食べる力なのです。

インタビューから見えてきた橋本選手の幼少期の食事です。 

1.たくさん食べる!

食卓にだされた物は、残さず好き嫌いなく食べること。

お菓子を食べても、ご飯もしっかり食べることができる。

2.エネルギー源の基本はご飯

小学生2年生から1回の食事でご飯を丼で2杯から3杯。

パンより米の方が好き。

3.食べる力があると。

給食は、いつもおかわりをしていた。

兄弟3人で末っ子だったが、食べる量は兄弟一だった。

おやつに、お好み焼き+ご飯+お味噌汁が定番だった。

 その他には、魚も大好きで、猫よりもきれいに食べていたそうです。

管理栄養士 徳野裕子

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。