必ず上手くなる野球塾~「プロコーチ」が教える日本一に導いた野球理論~体験会・入塾をお考えの保護者の皆さまへ

「お子様をプロ野球選手にさせたいですか?」

デーブ・ベースボールアカデミー(以下、DBA)ではご入会にあたって、こんな質問をします。
この質問に対し、「プロ野球選手にさせたい」と言われる保護者の方はごく少数です。

「甲子園を目指しているから」
「今のチームで補欠が続いているから、チームでレギュラーを取らせてやりたい」
「まだ小さくてチームに入れないから、その前の基礎を学びたい」

色々な保護者の方の『思い』を伺います。
その保護者の皆様の『思い』を形にするのがDBAのコーチ陣です。

お子様は必ず上手くなります!

なぜ、そこまで言い切れるか――。
それをこれからご紹介しますが、その前に「上手くなる」為の保護者の方の心構えだけ、お話させてください。

お子様も生まれた時から箸が持てた訳ではありません。自転車に乗れた訳はありません。
箸を落としても、自転車で転んでも、お父さんお母さん、ご家族がつきっきりで、何度も何度も根気よく教えたから箸が持て、自転車に乗れたはずです。

DBAの指導の基本はまさにそこにあります。
コーチが『反復練習を根気よく指導するから、必ず上達する』のです。
プロ野球には脈々と受け継がれた普遍的な指導理論があります。
そこに現在のプロ野球界の最先端の指導理論をマッチングさせます。
野球の指導方法は日夜変わっています。
生理学、物理学、人間の骨格、そういった一見関係ないようなものまで取り入れながら進化しているのがプロ野球です。

いま、DBA代表大久保博元はそのプロ野球の中心にいます。
これをプロの選手だけでなく、これからの日本の、世界のプロ野球を担うであろう少年野球の選手にも伝えていきたいと考えています。

指導の基本とは

<DVDや本では上手くなりません>

身長、体重、身体能力、お子様によってそれぞれ絶対に違います。
お子様の野球チームを思い出して下さい。
同じ学年なのに体の大きな子もいれば小さな子もいますし、それぞれのパフォーマンス能力も人それぞれです。
決してハウツー本やDVDを否定しているのではなく、それが本当にお子様に合っているか、取り入れていい部分とそうでない部分を理解されてはいかがでしょうか。

『バーチャルな指導』では上手くはなりません。

DBAでは力強い球を投げる、打つ、ことには体幹トレーニングが必須だと考えています。
お子様の「体の幹」を強くするトレーニングから反復練習、実践練習まで、『リアルな指導』をおこなっています。

<指導で大切なのは指導前の事前準備>

DBAのコーチ陣は毎日レッスン前に選手の個別カルテを手にミーティングを行います。
「個別カルテ」とは選手一人ひとりの前週までの練習内容、身長、体重、バッティング、スローイングの特性などが書き込まれたDBA専用のカルテです。

このカルテを基に一人ひとりの選手の前週までのレッスン内容を把握し、ミーティングを行った上で指導に入ります。

「生徒の体調は万全か」
「先週の注意点はどんな事だったか」
「先週の課題ができていたら次のステップに進んでいいか」

このような事をミーティングで話し合いながら、お子様のレッスン時間に備えます。
さながらプロ野球の試合前のコーチミーティングの様です。

<マンツーマン、少人数指導の利点>

「チームの監督とコーチで言っている事が違って子供が混乱してる」という話をよく聞きます。

例えば「コーチはバットを長く持てって言うけど、監督は短く持てっていう」こんな事でもお子様からすると大事件です。

では、これをなくすにはどうしたらいいか?

DBAでは先ほどご説明した個別カルテをベースに『会話』をする事で対応しています。
会話をしながら顔を見て、技術を見る。
一人ひとりの「小さな変化に気づく事」が大切だと考えています。

これは一度に多くの選手を指導していたら決してできません。
これが個別指導、少人数指導の最大の利点です。
そして、「うちの子は理解できていないな、悩んでいるな。と感じたらすぐにコーチに相談してください」とお願いしています。
お子さんが必ず上達する為に、DBAでは二重、三重の予防策をとっています。

「プロコーチ」とは

<野球塾の絶対条件>

DBAでは「プロコーチ」という言葉をつかっています。
プロコーチとは野球の指導でお月謝を頂戴するに値するコーチを指します。
そして一番大切なのは保護者の皆様やお子様の質問や疑問にその場で即座に、そして明確に答えられ、指導方法のアプローチの仕方を何通りも持っているコーチの事だと考えています。

コーチは「自分の指導を生徒に合わせる」のではなく、「どういう言い方をすると生徒が理解してくれるかな」と常に生徒の理解度に合わせて指導のアプローチを変えられるコーチこそが「プロコーチ」の最大の特徴です。

<個々の能力に合わせた指導>

1人のコーチが10人以上の生徒を教えるのではチームの練習と変わりません。
ビジネスだけを考えればそれでいいかもしれませんが、「塾」は一人ひとりの「個」の力を伸ばす場所だと考えます。

皆さんはプロ野球で試合前のバッティング練習をご覧になった事がありますか?
フリーバッティング2か所、ティーバック2か所、合計4か所。
プロでさえコーチが一度に見れる選手の数は4人です。

1人のコーチが10人以上のお子様を相手にしては「必ず上手くさせます」とは言い切れないでしょう。
一人ひとり課題は違います。
その一人ひとりに合わせた個々の力を伸ばす指導をする野球塾がDBAなのです。

<プロ野球選手の指導>

DBAではNPB(一般社団法人日本野球機構)に加盟する12球団に所属した経験のある元プロ野球選手が指導にあたります。
よく「元プロ野球選手に教えてもらえると思ったけど、実際は大学や社会人までの経験のコーチでした」というお声を耳にします。

DBAでは「プロ野球」という野球を極めたコーチ陣がその経験を余すところなくお子様に伝えていきます。
技術は当然の事ながら、精神面、自信を無くしてしまったお子様への声掛けもおこないます。
そのアドバイスとは自分が経験していないと出来ない事です。
プロも少年野球もそれぞれのステージで必ず乗り越えなければならない壁があります。
その「壁の乗り越え方」もコーチ陣が丁寧に教えます。

コーチは全員「プロ野球優勝経験チーム」に所属しています。
「日本一」の野球理論をぜひ、お子様と体験にいらして下さい。

積み重ねられた練習の裏付けこそがお子様の自信になります。
DBAはそんなお子様と保護者の皆様と一緒にありたいと思っています。