茨城・かすみがうら市、陸前高田市・気仙中学校 交流野球教室

8月3日、茨城県かすみがうら市からのご依頼で野球教室に参加させていただきました。
この野球教室は東日本大震災の被災地である陸前高田市の気仙中学校野球部をかすみがら市が招待し、市内の中学校4校との交流野球を行うという事で、大久保・犬伏両コーチが講師をさせていただきました。

代表の大久保が茨城出身という事もあり、今までもDBAで出来得る活動を行ってきましたが、今回は野球教室というDBAの根幹である「野球」を通じでの活動ができるという事で、ありがたくお受けさせていただきました。

当日はかずみがうら市・宮嶋市長からご挨拶を頂いたのち、野球教室を行いました。
大久保コーチがバッティングを全員に教えます。
基本的な内容はDBAで生徒に教えている内容そのままに、指導します。

犬伏コーチは、まずはボールの握り方を教えます。

その後ステップの踏み出し方

そして守備

最後はかすみがうら市合同チーム対気仙沼中学校の親善試合を行いました。

今回、このような機会を与えてくださった宮嶋市長はじめ、かすみがうら市役所の皆さま。
そして保護者・指導者の方々、関係各所の皆さま、本当にありがとうございました。
今回の野球教室が参加してくれた子供たちの、夏のひとつの思い出になれば幸せです。
そして、この震災で被害を受けた全ての野球少年たちが、本当の笑顔を取り戻せるよう、微力ではありますが今後も活動していきたいと思っています。


カテゴリー: レポート   パーマリンク

コメントは受け付けていません。