新任コーチ就任のお知らせ

デーブ・ベースボールアカデミー(代表・大久保博元)は新たに下記のコーチと契約を締結致しました。

■古屋 剛(ふるや つよし)
1970年東京都出身 

【経歴】
駿台甲府高等学校-拓殖大学-新日鉄君津

1997年~2004年 西武ライオンズ

監督・コーチ歴
長崎セインツ(2009-2010)
三重スリーアローズ(2011)

来歴
駿台甲府高、拓大、新日鉄君津を経て、1996年ドラフト7位で西武ライオンズに入団。ドラフト指名時26歳と、比較的遅めのプロ入りとなった。
1998年に一軍初出場。2001年から2003年まで、3年連続開幕一軍入りを果たし、2002年4月13日にはプロ初本塁打も記録。
2003年は7番三塁手として開幕スタメン出場も果たしたが、怪我もあって4試合の出場に留まる。2004年は一軍出場もなく戦力外通告を受け、この年限りで引退した。

2009年から四国・九州アイランドリーグ・長崎セインツのコーチに就任。
2010年5月1日付けで、成績不振を理由にかいにんされた長冨浩志の後任として監督に就任した。

2011年、三重スリーアローズのコーチに就任。
同年5月17日、成績不振の為辞任した長冨浩志の後任として監督代行に就任。
同年7月1日から、正式に監督に就任した。11月10日チーム解散に伴い退任。

カテゴリー: レポート   パーマリンク

コメントは受け付けていません。